後継者のいないお墓|遺骨を保管してくれる納骨堂とは|ご先祖様と繋がり続けよう
線香

遺骨を保管してくれる納骨堂とは|ご先祖様と繋がり続けよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 後継者のいないお墓

後継者のいないお墓

お経

どのような内容なのか

永代供養や永代供養墓という言葉を聞いたことがあるという人もいるでしょう。通常の家族単位のお墓は個別の墓ですが、跡継ぎがずっと続けばお墓は存続しますが、いなくなったらお墓をその先ずっと維持することは出来ませんから、いつか永代供養墓などの共同の墓に移すことになります。現代は跡継ぎがいないという家族も多く、また子供がいてもお墓の面倒を背負わせる事はしたくないという親世代もいるので、最初から永代供養墓に入れて欲しいという人もいます。京都でもこのように考える人が多いために永代供養墓に納めたり、一定期間京都の納骨堂に納めてから永代供養をするという場合が増えています。京都で永代供養墓を希望するのなら色々なところを見て比較するのが良いでしょう。

納骨堂の種類など

永代供養墓は後継者問題を解決できる利点もありますが、普通のお墓を買うよりもかなり安くなることも入りたいと言う人が多い所以でしょう。最初は納骨堂に納めるという場合でもお墓を買うよりは安いので、予算があまり無いという人にもお勧めです。ロッカー式の納骨堂の場合ならスペースは小さいですが費用も10万円位からあるので、数百万円という単位の個別の墓と比べるとかなり安くなります。京都にはロッカー式や仏壇式や機械式の納骨堂などがあるので、それぞれの良さなどを考慮の上で選ばれると良いでしょう。色々とメリットの多い永代供養ですが、一般のお墓から移動する場合には元の墓のあった場所の役所に改葬申請が必要になりますので注意して下さい。