お墓

遺骨を保管してくれる納骨堂とは|お墓がなくても大丈夫

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のお墓探し

お墓

神奈川のある霊園は、好条件を備えているとして人気があります。海の見える場所にあり、お墓参りをしながら開放感が味わえる施設です。価格も幾分安く、好評を得る施設となっています。最近は、霊園の中に法事が出来る施設が設けられている場合があります。お墓参りまで楽に行えるのが、こういった施設のメリットです。

後継者のいないお墓

お経

現代は後継者問題などがあるのでお墓も永代供養墓に入るという人が増えています。永代供養の前に一定期間納骨堂に納めるというケースもありますが、どちらを選んでもお墓を購入するよりは費用は安くなります。京都には納骨堂もロッカー式や仏壇式や機械式などがあります。

ろうそく

家族との話し合いが重要

終活は、自分の人生の最期を締めくくる活動であり、多くの人が行なっています。永代供養墓を京都で探す場合は、インターネットを活用させるのが便利とされていますが、霊園によっても管理する方法や費用などが違ってくるため、それぞれ比較することが大切となります。

遺骨の保管する

手

日本では人が亡くなった際には火葬を行い、火葬後の遺骨はお墓に埋葬するのが一般的となっています。この際に遺骨を埋葬するお墓はそれぞれの家で専用のものがあり、家族が亡くなるたびにそのお墓に埋葬するという流れとなります。しかし現代では自分の家でお墓を持っていないというケースも増えていて、突然家族が亡くなって慌てるという事も珍しくないです。こういった場合にはお墓が出来上がるまで家で遺骨を保管する以外にも、納骨堂で一時的に保管するといった方法があります。納骨堂は寺院の敷地内等に設けられているもので、遺骨を保管する事を目的とした建物となっています。納骨堂は一時的に遺骨を保管するという場合と、半永久的に遺骨を保管する場合の2種類に分類する事が出来ます。ちなみに半永久的に遺骨を保管するという種類の場合、建物の中に祭壇が設けられているのが基本となります。

半永久的に遺骨を保管出来るタイプの納骨堂は、最近では屋内霊園という呼ばれ方をする事も増えています。都会では特に土地に余裕がないため近くにお墓を作る事が難しく、少し離れた場所に作らざるを得ないケースも多くあります。しかしお墓が遠くなってしまうと自然とお参りに行く機会が減り、ご先祖様との縁が薄くなってしまう事も少なくないです。これに対して納骨堂は墓地よりは狭い土地で建物を建てる事が可能なので、都会の中心でも設けるのは比較的簡単だと言えます。そのためご先祖様との縁を大切に考える人等が、半永久的に遺骨を保管出来る納骨堂を利用したいと考える事が増えているのです。半永久的に遺骨を保管出来る納骨堂の利用を希望する場合には、注意すべき点もあるので覚えておく必要があります。それは主に料金設定等をきちんと確認するという点で、永代供養料とは別に年間管理費用を設定している寺院等も多いので注意する事が大切です。